ジョジョ

おすすめのスイムパンツメンズについて

スイムパンツは、主に競泳の際に使用されます。よく夏に海水浴などで水遊びを楽しむときに、男性に好まれて着用されている水着はサーフパンツです。サーフパンツは、サーフィンをする際に使われる水着で、ゆったりとした形になっています。デザイン性も高いので、一般的に男性が買う水着としては、サーフパンツを選ばれる場合が多いです。しかし、近年は、健康維持のために1年を通じてプールに行かれる方も増えてきています。今回は、そんな運動のためにプールで着用する際の、おすすめのスイムパンツメンズについて紹介します。

そもそもスイムパンツとは。

スイムパンツは、競泳やスポーツジムでのプール運動、フィットネスなど、泳ぐために作られた水着のことを言います。水の抵抗を少しでも減らし、泳ぐときに邪魔にならないようピッタリとした形になっています。競泳用の水着には、レース用とトレーニング用に種類が分かれていますが、まずは耐久性が高くて着心地の良いトレーニング用のスイムパンツメンズを探してみましょう。また、本格的に泳がなくても、プールで健康のためマイペースに泳いだり、歩いたりしたいという方は、フィットネスタイプのスイムパンツもあります。こちらは、デザイン性を重視しているものが多いので、水着を選ぶ楽しさが増えてきます。

スイムパンツはサイズに注意。

トレーニング用でも、フィットネス用でも、スイムパンツを選ぶ際に、気を付けるのはサイズです。身体にフィットさせるためにも、あえて少し小さめのサイズがおすすめです。使っているうちに生地が伸びてしまう恐れもありますし、実際着用中でも、水の中で若干伸びることがあるので、きつめのサイズを選ぶと良いです。元々、スイムパンツは伸縮性が優れているので、はじめにきつく感じても、すぐに慣れてくると思います。他にも、プールの水質が気になる方は、塩素水に強い生地を使用しているスイムパンツやリーズナブルな価格と高品質を両立させているスイムパンツメンズもあるのでよく調べてみましょう。

お洒落なスイムパンツも増えてきています。

スイムパンツは、サーフパンツよりもお洒落じゃないといったイメージを持たれている方も多いようですが、スイムパンツメンズの中には、赤いラインの入ったものや、グラフィックデザインの入ったスイムパンツなど、デザイン性の高いお洒落なものが増えてきています。実際、プールに行ったら他の方と似たようなスイムパンツになってしまうかもといった心配も解消できるでしょう。

自分の満足のいくスイムパンツを選びましょう。

スイムパンツの商品や種類も日々進化してきています。スイムパンツの特徴やおすすめのポイントを踏まえた上で、満足のいく一着を決めましょう。

ジョジョ

スイムパンツメンズの種類を目的別にご紹介

男性が水泳をする為の水着を購入する場合、どのようなものを選べばよいのでしょうか。女性用と違い種類が少なく思えますが、スイムパンツメンズには泳の目的によっていくつかの種類があります。

まず水着が必要な目的とは?

男性が水着を欲しいという時、そう思ったきっかけとは何でしょうか。その利用目的によってスイムパンツメンズの種類が大きく分かれています。まず、比較的多い購入理由として海やレジャープールで着用する遊泳用があります。その他に、ジムなどでプールを利用する時に着用する、運動を目的とした水泳をする時のフィットネス用、そして競泳の大会などで着用する競技用と大きく3種類に分けられます。それぞれに最適な素材や形で作られていて、特に競泳に使うようなスポーツ用と呼ばれるスイムパンツメンズの機能によっては結果に良い影響が出る場合があり、様々な機能の中から、大会で最高の泳ぎが出来るようにしっかりと選ぶ必要があります。

それぞれのタイプにはどんな特徴があるのか

では大きく分けたタイプによってどのような違いがあるかといいますと、遊泳用の水着では、シンプルなものからリゾートらしいカラフルで派手な柄が入ったものまで色々選べ、近年はちょっとした街歩きもできる服のような素材とデザインのものの人気があります。また、形はゆったりとしたスタイルが主流ではありますが、ご自身の好みでチョイスするのが第一ですし、それが最適な選択であるといえます。また、スポーツジムなどで水泳をする方は比較的生地が厚めでフィットしたハーフパンツ丈が主流です。体の動かしやすさや丈夫さが求められます。しかし、競泳の場合は好みだけで選ぶわけにはいきません。少しでもタイムを縮める為、水泳のスタイルによる様々なスイムパンツメンズの中から吟味する必要があるのです。

競泳の為の水着には速く泳ぐ為の機能が充実

競泳の為に作られたスイムパンツメンズはとにかく速く泳ぐことを目的とした作りになっており、生地は他のタイプより薄めで、フィット感は強めです。形としては、膝上のハーフパンツ丈が主流となっています。例えば、着用感が強く水への抵抗をより減らしているものや、筋肉へサポート力が働き、泳ぎやすさを追求したもの、伸縮性に優れていて体がよく動くことや、なにより大事であることですが、着心地が良く選手の持つ最大の力が発揮されることを考えられたものが揃っています。他にも短距離用・中距離用・長距離用とそれぞれの専門競技に向けた細かな分類がされているものもあります。水泳スタイルやサポートしたい箇所によって選ぶものが変わってくるのです。

スイムパンツメンズのまとめ

男性の水着の種類は、遊泳用・フィットネス用・競技用と大まかに分かれています。目的に合わせて最適な素材や機能が備わっていますので、最適なものを選んで思いっきり泳ぎましょう!

ジョジョ

ビギナー必読!スイムパンツメンズでは選び方で貴方の泳ぎは100%変わる!?

選び方で全てが決まる

ジムで泳ぎたいと思ったら「スイムパンツが欲しい!」となりますよね。でも初心者(今回は男性限定)の場合ネット通販や、スポーツ用品店でいざ、スイムパンツメンズコーナーを見て、さっぱり「選び方がわからない」というのが本音ではないでしょうか。 実は、この選び方というのは水着選びでは大変大事な要素となってきます。最初が肝心と言いますが、後々後悔しないように「特に初心者の男性は」、的をえた水着の選び方を覚えておきましょう。

基本は2つ

メンズに限らずスイムパンツの選び方には基本が2つあります。 ジャンル ジャンルというのは水着の種類です。水着は競技用や、サーフパンツなど様々なジャンルに別れていて初めてだと、どれを買い求めていいかわかりません。 はっきり言って初心者の方はネット通販を利用せず、詳細に教えてくれるアドバイザーがいる、スポーツ用品店での購入をおすすめします。もしあなたがスイムパンツメンズ売り場に行ったら、フィットネス水着の看板を目印にしましょう。 フィットネス水着は伸縮自在で非常に動きやすい特徴を持っています。無理のないフィット感が自由な動きを演出してくれます。

POINT

サイズ

サイズは選び方の最大の重要ポイントになります。特に初心者が陥りやすいのが、今言ったように伸縮性に富んでいるので一サイズ小さめのものを選ぶ人が多いようです。そこでサイズを選ぶ際のポイントを挙げてみました。 男性の場合、ウエストサイズを基準にして各メーカーのサイズ表から選んで下さい。衣料品店で販売されている服とは根本的に違うサイズ感である事も多いので、事前、もしくは、お店で正確に採寸してもらう事です。以上がスイムパンツを選ぶ時のコツと言えるでしょう。スイムパンツ初体験の男性には肝に銘じていて下さい。

POINT

個性的なカラーや、デザイン

現在売られているスイムパンツメンズは、様々な男性客の皆さんの要望に応えた商品が多く出回っています。例えば、ちょっと最近お腹が気になってきた、という方にはウエスト丈が長めに加工されていて、それほど出っ張ったお腹が気にならないものも発売されています「泳いでいるうちにお腹が凹めば嬉しいですよね」。後、色や、デザインも過去と比較にならないほどお洒落で、格好いいパンツが選ぶ際の楽しさを一層引き立ててくれます。色、デザインは初心者もベテランも関係ありません。その時の嗜好に応じて選んでも構わないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭ではスイムパンツは選び方が全てと、少々大袈裟に書きましたが読んで頂いてそんなに難しいことではないというのがおわかりいただけたのではないでしょうか。最終的には皆さん自身が十分に納得してお買い求めになるのが最も大事なことになるでしょう。

ジョジョ

スイムパンツメンズの手入れ方法について

男女問わず、健康維持のためにプール運動をはじめる方が増えてきています。特に、男性では、退職後の趣味のひとつとしてプールで泳ぎ、歩く方も多くいます。その際に、使われるスイムパンツメンズですが、毎日履いて運動するとなると、きちんとお手入れをしなければ、どれだけ耐久性に優れていても、意外とすぐに傷みが分かってしまうこともあります。今回は、そんなスイムパンツメンズの手入れ方法について紹介します。

スイムパンツの素材を知っておきましょう。

水着の多くに使われている素材が、ポリエステルとポリウレタンという素材です。この2つの繊維を織り込んで水着が作られています。スイムパンツは、身体にフィットすることが特徴でもあり、その伸縮性の良さが必要にもなってきます。そこで重要なのがポリウレタンの繊維です。ポリウレタン繊維は、大きく伸び縮みするゴムのような繊維が最大の魅力です。しかし、プールで使用される塩素がポリウレタンの繊維を劣化しやすくする原因でもあります。長くスイムパンツを使用していると、生地が薄くなってきたり、色あせてきたりすることもあります。塩素に強いスイムパンツも出てきていますが、普段から自分で手入れをきちんとすることが必要です。

スイムパンツメンズを使用する上で注意すること。

スイムパンツメンズの手入れ方法を紹介する前に、注意点についていくつかあります。スイムパンツを使用する機会は、屋内プールと思いますが、日焼けオイルといった化粧品類が水着に付かないようにするといいでしょう。また、プール運動後にスイムパンツを着用したまま、サウナや温泉といったものが使用できる施設もありますが、熱も水着の劣化を進めてしまうため、あまりおすすめはできません。プールサイドなどで水着をこすらないようにするのも長くスイムパンツを使用する秘訣になります。

スイムパンツ使用後の手入れ方法。

プール運動などが終わって着替えたら、そのまま持ち帰るのではなく、スイムパンツメンズを水道水ですすいで塩素を落とすようにしましょう。そして、濡れたまま長時間にわたって放置したり、焦ってヘアードライヤーで乾燥させたりしないようにしましょう。実際に洗う時は、洗濯機ではなく手洗いが良いです。中性洗剤で手洗いした上でよくすすいでください。干すときは、熱の影響を考えて、直射日光よりも陰干しをした方が良いです。また、収納の際も、高温多湿や防虫剤といった薬剤を避けてしまうようにしましょう。
スイムパンツを大切に使えば、水泳も楽しく有意義な時間になります。
いくつかスイムパンツメンズを使用する際の注意点や手入れ方法を紹介しました。きちんとスイムパンツをお手入れした上で、気持ちよく水泳を楽しみましょう。

ジョジョ

大人のスイムパンツメンズは機能性も兼ね備えていてこそ

トレンドのスイムパンツメンズは、柄も色合いもかなり豊富です。同じデザインでも個性が出せるのがウリなのですが、大人の男性は流行りを押さえればいいという若者とは違います。それに機能性も兼ね備えていてこそ、大人の男性としての魅力が引き出されるのです。
シルエットはすっきりと見えて細身のタイプでありつつ、バックやサイドにポケットなどを備えたパンツがその最たるものとなります。

タウンユースにも使える一着を選ぶ

大人のスイムパンツメンズを選ぶなら、ただ流行の柄を選んだり色合いで決めたりしていてはいけません。それくらいは若者でもできますし、ある程度年齢を重ねると「あの人は無理して若作りしている」なんて見られてしまう可能性もあります。そうならない為には、落ち着いたデザインでありながら、トレンドからも外れていないシックでシンプルな、海やプール以外にタウンユースにもできる一着を選びます。

モノトーンやカモフラージュ柄がおすすめ

タウンユースにもできる一着という事で、モノトーンやカモフラージュ柄がおすすめになります。海辺などのシーンで着用しても魅力的ですし、タウンユースなら余程の堅苦しい場でなければ、カフェやレストランに居酒屋やバーなど、時間や場所を選ばずに着用可能です。

機能性はポケット以外にもある

機能性を兼ね備えたスイムパンツメンズを購入するにあたり、どの様な仕様のものがいいのかというと、第一にはサイドやバックにポケットのあるタイプです。男性はバッグを持ち歩かない人も多いので、財布やスマートフォンに喫煙者ならタバコなどを入れて持ち歩ける大きめのポケットが付いているのは、機能性として抜群と言えます。更に機能性の面で言うと速乾性のあるタイプが好まれています。メッシュライナーの付いた速乾性のあるタイプや、併せて耐久性もあるタイプだと活躍の場も広がるので、そういったタイプならタウンユース用として何着か持っていてもいいでしょう。

まとめ

大人の男性はそもそもタウンユースでハーフパンツを着用しない、そんなイメージもあるかも知れませんが、上記で紹介したモノトーンやカモフラージュ柄など落ち着いた雰囲気のパンツなら、デニムなどを履いているよりも涼しげで爽やかに見せてくれます。40代や50代であっても、暑い季節は涼しく過ごしたいのは同じなので、今年の夏はスイムパンツメンズをタウンユースしてみるのもいいです。

ジョジョ

流行のスイムパンツメンズをチェック

暖かくなってきて夏ももうすぐそこです。今年のスイムパンツもそろそろ気になる頃です。海や、プールで、おしゃれでかっこいいスイムパンツを着ているメンズは目立ちますよね。今年のトレンドやおしゃれなスイムパンツメンズをご紹介します。

2018年の流行するスイムパンツメンズ

服と同じように、スイムパンツにも流行があります。ルーズなゆったりしたシルエットが流行して、長めの丈が流行した時期もありましたが、ここ数年は、ジャストサイズで短めの丈、細身のシルエットが流行しています。今年は短め丈で膝が出るくらいの長さのスイムパンツが流行りです。柄やカラーを気にしがちですが、流行のシルエットや丈を重視してスイムパンツを選ぶと、あか抜けた印象を与えることができます。

スイムパンツメンズの着こなし

流行に気を付けてスイムパンツを選択すると、あともう一声、着こなしにも気を配ってみましょう。海やプールではどうしても上半身の露出は避けることができないです。スイムパンツが映える体づくりをおすすめします。最近はラッシュガードを着用する方も増えてきて、日焼けが気になる方や、体型を隠したい方、水から上がったあとに体が冷えるのを防ぎたい方におすすめです。男性にもおすすめなのがスイムパンツ用のインナーです。ポリエステル素材のインナーをスイムパンツの下に履いて、少し下げた水着からちらりと見せるとかっこいいです。

人気のスイムパンツメンズはこれ!

サーフウエアブランドが出しているデザイン性の高いブランドスイムパンツは1枚で決めるスイムパンツでも遊び心があり人気です。柄のあるスイムパンツは、派手な柄とともにモノトーンやパターン柄も個性的でおすすめです。今年は短めの丈が人気なので、柄物を選んでも悪目立ちしません。柄のあるパンツが苦手という方には渋めのダークな色のスイムパンツを選んでも、日焼け肌に合って素敵でしょう。

まとめ

1枚で勝負するスイムパンツはどうしたらオシャレ感を出せるか悩んでしまいますが、流行の丈やシルエットに気を付ければ、あとは自分好みの柄や色を選ぶだけです。毎日着るものじゃないからこそ、気に入った一枚を購入したいですね。今年は流行に気を付けて、自分好みのスイムパンツで、ビーチやプールで一味違う自分を演出してみましょう。毎年同じものを使用しがちなスイムパンツは周りと差をつけやすいです。

ジョジョ

個性が光る スイムパンツメンズ 選ぶ時は格好良さよりカラーが肝!?

泳ぎたい時にすぐスイミング!

男性諸君!皆さんはスイムパンツを履いたことがありますか?近頃流行りなのが衣料品店などで売られているパンツではなく、スイムパンツを履く男性が増えています。仕事帰りに一泳ぎ、という人はすぐに泳ぐことができ、下着代わりにもなるので一石二鳥で大変便利。最近は40代からの中年男性も、個性的なカラーのスイムパンツをさりげなく披露しているのをジムでよく見かけるようになりました。スーツ姿から、スイムパンツに変身し、飛び込み台に立った瞬間、一躍注目の的に、なんてこともないとは言えません。今回このスイムパンツメンズのカラーに着目し、現在どんな色が流行りなのか、また、各個人に合ったカラーの探し方などを皆さんと一緒に楽しく考えてみましょう。

どんなものなのでしょう。スイムパンツメンズって!?

でもスイムパンツってどのようなものなのでしょう。よく比較されるものに、サーフパンツがあります。サーフパンツは読んで字のごとく、サーフィン用に開発された、ゆったりとした履き心地が特徴のパンツです。それに対してスイムパンツは水泳の競技用に作られたものなので、水の抵抗が少なくなるようになっています。無駄な体の動きを抑えるために、ジャストフィットしたものがほとんどで、ボクサーパンツと似たところもありますね。用途としてはフィットネスジムのプールなどで披露されています。

カラーを選ぶ時、あなたは?

もし、今あなたがスイムパンツを選ぶ時、何を基準にしていますか?まず真っ先に目がいくのが格好良さでしょう。その次がカラー、という順番になるでしょうか。特に中年男性の場合、色のチョイスをするのは楽しくもあり、また反対に「年齢を考えるとねえ」とか考えてしまって、悩みの種にもなるのでは?そのため無難な色を選びがちに。個人的にはブルーを基調にしているものは年齢が高くても不自然に見えない色合いで、おすすめです。因みにグレーも、クールで格好いいですよ。肌の色が黒い人にはパープルなども大人のワイルドな雰囲気が出て女性の目に留まるかも。「奥様の心配が増えることも」!値段も2000円以内で購入でき大変お手頃です。

まとめ

元々スイムパンツは水泳選手などが着用しているアスリート専用のスポーツウエアです。しかし現在は一般の人たちにも大変好評です。適度な締め付け感と、豊富なカラーのバリエーションは従来の下着にはないものです。でもどうせ履くならスイムパンツメンズの似合う身体づくりも、欲を言えば無理のない範囲で必要なのではないでしょうか。

ジョジョ

スイムパンツメンズのトレンドの長さは変わってきている

水着には色や柄など以外に長さにも流行があります。一昔前まではスイムパンツメンズと言うと、ひざ下の丈で少々ワイド仕様になっているタイプがトレンドでしたが、今はそのタイプを履いて海へ行ってしまうと「あの人は流行に乗れていない」と認定を食らってしまいます。女子の評価は厳しいので、それだけで声を掛けられても付いてきてくれる確率はほとんどなくなると言っても過言ではないのです。

流行はその年その年で変わってくるもの

服に流行やトレンドがあるのと同じように、スイムパンツメンズにだって流行り廃りがあります。オレンジや鮮やか過ぎるブルーでワイド仕様になったロング丈のスイムパンツを履いているのは、中年のおじさんだけです。今のトレンドはひざ上くらいの丈で自分の足にジャストなサイズの水着で、お臍の2cm位下で履くのがベストな位置になります。

ウエストはゴムではないタイプを選ぶ

スイムパンツメンズと言えば水に飛び込んだ時に、水と空気が抜けずに膨らんでしまった事が一度はあるはずです。膨らんでしまうのはインナーがメッシュになっているタイプで、一体化されている水着だからなのです。メッシュタイプは今、正直あまり流行ではないので、選ぶ時にゴム仕様の物は出来るだけ避けた方が無難と言えます。ただし決してゴムのタイプが全くNGという事ではないので、水着売り場へ行きトレンドの水着が並んでいる場所にあるものなら、大体間違いはありません。

ボードショーツなら街着としても

サーフィンをやる方がよく履いているボードショーツというタイプなら、海だけでなく街着やキャンプに行く時などにも着用できます。それも長さはひざ上くらいの丈であまり裾が広がり過ぎていないものがいいです。ですが、この場合は多少派手目なデザインのものでも、合わせるTシャツやシャツもしくはポロシャツなどによって、見栄えするようになります。南国の雰囲気が漂うデザインの物や、小さめのドット柄に花柄というものもあるので、海に行く以外でも暑い季節はハーフパンツという方はチェックしておくと、一味違うファッションを楽しめます。

まとめ

スイムパンツメンズの今流行の長さはひざ上のくらいの丈で、一昔前の様にワイド仕様にはなっていないタイプのパンツです。そのタイプしか持っていないという人は、この機会に是非新しい物を買い求めておけば、女子からの視線が集められます。そして、それ程多く海やプールに行く機会がなく、新調するのは迷ってしまうという方には、海やプール以外のシーンでも着用できるボードショーツがおすすめ。このタイプは街着やキャンプ地などへ行く場合にも着用可能なので、普段は着ないやや派手なデザインでも、浮く事なくチャレンジできます。

ジョジョ

スイムパンツメンズをリサーチ!

夏に向けて、スイムパンツメンズをお探しですか?それともこれからジムに通うご予定でしょうか?
スイムパンツメンズの激安商品から定番商品、選び方、探し方をリサーチしました!

スイムパンツメンズの種類

スイムパンツメンズはいくつか種類があります。
競泳用スイムパンツ、フィットネススイムパンツ、サーフパンツなど様々です。
もしジムで使用するなら、競泳用かフィットネスを選びましょう。
サーフパンツは海やプールなどのレジャー向きの水陸両用のファッション性の高い水着です。ジムではサーフパンツは着用が禁止されているところも多いですので、競泳用かフィットネス用を購入すれば間違いありません。

激安商品の探し方

スイムパンツメンズの激安商品の探し方は、やはりインターネットでの検索が一番簡単です。
千円台からのものも多数あり、コスパは◎です。
または、大型スポーツ用品店にも千円台から売られているものもあります。
実店舗では、試着ができるというのが最大のメリットです。
人によってはスイムパンツのジャストサイズがなく、大きめか小さめしか選択肢がないという人もいます。その場合は、大きいよりも少し小さめを買う方が無難です。
なぜなら、スイムパンツは使用を続けたり、洗濯を繰り返したりすることで生地自体が徐々に伸びてくることがあるからです。
また、乾いている状態の時よりも、水中に入り濡れると生地が少し緩みます。
そのような理由から、大きめか小さめかで迷った場合は、少し小さめを選びましょう。
スイムパンツの探し方次第では、サイズ選びで迷うことがありますので、試着できる実店舗は安心です。

もっと激安商品を望むなら

ネットで販売されているスイムパンツメンズの激安商品は、なんといってもセット売りになっているものです。
セット売りの激安商品はいくつかありますが、例えばスイムパンツ、ゴーグル、水泳キャップ、耳栓&鼻栓、スイミングバックというセットで3千円台~あります。
ジムに通い始める予定で、スイミング用品を揃えたいけれど、あれこれ調べるのがめんどう!初期費用をなるべく抑えたい!という人におすすめです。

スイムパンツメンズは、業界トップレベルの競泳用水着に特化したブランドよりも、他のスポーツ用品など幅広く手掛けるメーカーの方が、価格が低めに設定されている場合がほとんどです。
また、レディースのものよりもメンズの方が少し安いです。

おすすめスイムパンツの紹介

wundouのスイムパンツは、サイズが130~150㎝、S~XLまであり、サイズ展開が豊富です。立体裁断をしており、スイムパンツに大事なフィット感はばっちり。サイドにラインが入ったシンプルなデザインで、スタイルがきれいに見えます。
価格も2916円と、3000円を切る高コスパ!
ぜひ試してみてください。

まとめ

スイムパンツの激安商品はスポーツ用品店、ネット、セット売りなど、探し方、選び方は様々ありました。
予算やコスパ、求めている機能性などを考え、自分に最適なスイムパンツを選びましょう。

ジョジョ

スイムパンツメンズの人気デザインを押さえておく

夏が近づいてくると海やプールに行く機会が増え、同時に水着を着る機会も増えます。女性の水着姿ももちろん素敵ですが、女性からすると男性の水着姿も魅力的なものです。ただしスイムパンツメンズの人気デザインをきちんと着こなしていればの話です。ただ単に目立つものであればいいわけではなく、だらしなく着ていても素敵には見えませんので、その辺をしっかり勉強しておく事をおすすめします。

人気デザインはいくつかパターンがある

男性の水着と言っても、競泳とは違うのでビキニを着用するわけではありません。個人的にビキニが好きな方や、少数の方は海やプールなどのレジャーシーンでもビキニを選ぶ方もいますが、女性からのウケがいいのは一般的なスイムパンツメンズです。色合いは自分に似合うものを選ぶのが一番なので、ここでは柄を紹介します。例えばツリー柄です。シンプルに上は白いTシャツを合わせてキャップをかぶれば完成の、シンプルで比較的誰にでも似合うコーデです。

ボーダーやバイカラーで個性を出す

シンプルなコーデでは物足りないという方には、ボーダーやバイカラーのスイムパンツメンズをおすすめします。幅が大きめのボーダーなら目を引く事間違いないですし、バイカラーの組み合わせによってはかなり個性的に仕上がります。上に合わせるのは同じくTシャツでも良いですが、白地に大きな柄の入ったタイプや、カラーのシャツを合わせてもいいです。

リーフ柄や思い切って単色もいい

更にもっと個性を出したいのならリーフ柄で、とびきり目立つ色を選べば注目を集められます。大きなリーフ柄は海辺でバーベキューをする時にも目を引きますので、上に合わせるのが単色のシンプルなTシャツでも十分です。小物としてサングラスなどを身に付ければワンランクアップしてお洒落上級者に見えること請け合いです。もしくはスイムパンツメンズは単色にするのも意外にトレンドです。スケーターファッションとして上下組み合わせて身に付けると、本当にお洒落な人に見えますよ。

まとめ

このようにツリー柄からボーダーやバイカラー、リーフ柄や単色など様々な種類がありますので、先ずは自分に似合いそうな色合いを見極め、それに合った柄などを選択して下さい。そしてその際に忘れてはいけないのが身だしなみです。先に述べたようにだらしなく着ていたのでは、魅力的には見えません。腹筋を鍛え引き締めておく事、髪型もしっかりと整えておく事は必要不可欠です。水に入ったら髪型なんて崩れてしまうと思っているのは間違い、ワックスやポマードでしっかり整えておけば水から上がっても「水も滴るいい男」を保てます。