ジョジョ

大人のスイムパンツメンズは機能性も兼ね備えていてこそ

トレンドのスイムパンツメンズは、柄も色合いもかなり豊富です。同じデザインでも個性が出せるのがウリなのですが、大人の男性は流行りを押さえればいいという若者とは違います。それに機能性も兼ね備えていてこそ、大人の男性としての魅力が引き出されるのです。
シルエットはすっきりと見えて細身のタイプでありつつ、バックやサイドにポケットなどを備えたパンツがその最たるものとなります。

タウンユースにも使える一着を選ぶ

大人のスイムパンツメンズを選ぶなら、ただ流行の柄を選んだり色合いで決めたりしていてはいけません。それくらいは若者でもできますし、ある程度年齢を重ねると「あの人は無理して若作りしている」なんて見られてしまう可能性もあります。そうならない為には、落ち着いたデザインでありながら、トレンドからも外れていないシックでシンプルな、海やプール以外にタウンユースにもできる一着を選びます。

モノトーンやカモフラージュ柄がおすすめ

タウンユースにもできる一着という事で、モノトーンやカモフラージュ柄がおすすめになります。海辺などのシーンで着用しても魅力的ですし、タウンユースなら余程の堅苦しい場でなければ、カフェやレストランに居酒屋やバーなど、時間や場所を選ばずに着用可能です。

機能性はポケット以外にもある

機能性を兼ね備えたスイムパンツメンズを購入するにあたり、どの様な仕様のものがいいのかというと、第一にはサイドやバックにポケットのあるタイプです。男性はバッグを持ち歩かない人も多いので、財布やスマートフォンに喫煙者ならタバコなどを入れて持ち歩ける大きめのポケットが付いているのは、機能性として抜群と言えます。更に機能性の面で言うと速乾性のあるタイプが好まれています。メッシュライナーの付いた速乾性のあるタイプや、併せて耐久性もあるタイプだと活躍の場も広がるので、そういったタイプならタウンユース用として何着か持っていてもいいでしょう。

まとめ

大人の男性はそもそもタウンユースでハーフパンツを着用しない、そんなイメージもあるかも知れませんが、上記で紹介したモノトーンやカモフラージュ柄など落ち着いた雰囲気のパンツなら、デニムなどを履いているよりも涼しげで爽やかに見せてくれます。40代や50代であっても、暑い季節は涼しく過ごしたいのは同じなので、今年の夏はスイムパンツメンズをタウンユースしてみるのもいいです。